血糖値の上昇をとても緩やかにする5つの方法

血糖値が急激に上昇するということは、内臓などにも多きな影響を与えます。
場合によっては糖尿病などの将来重要な疾患につながるようなこともありますし、あまり血糖値が上がりすぎますと
集中力の低下や体のだるさなど、日常生活の効率を制を落とすようなこともあり、血糖値は急激にあげるようなことを避けるべきというようなことも言われています。
そんな血糖値でありますが、どうすれば急激に上昇させることを防ぐことができるのでしょうか?
その方法を5つ紹介したいと思います。

 

炭水化物を減らす

まず、血糖値を下げるには糖質を減らすのが一番です。 糖質はかなり栄養の吸収が早く、血糖値がすぐに上がりやすいといったことになっています。
ですので、血糖値の上昇を穏やかにするためには炭水化物を減らせば、血糖値は減ります。

 

食べ方を変える

また、食べ方によっても血糖値の上昇を和らげる方法があります。
例えば野菜や海草から食べることで、それらに含まれている食物繊維によって、糖の消化・吸収を遅らせることが期待できます。
炭水化物が多い食べ物であっても、早食いを控えてゆっくりと噛むようにすれば、急激な糖の摂取と吸収が起こりにくいですし、ゆっくり噛めば空腹感を抑えられるので
食べすぎにも対応ができます。

 

低GIの食品を取る

近年では低GIという言葉がはやってきますが、このGI値(グリセミック指数)というのは、炭水化物が糖分に変化するための時間の速さを示しています。
GI値が低い食品とされているものを食べることによって、血糖値が上がることを緩やかにしてくれる効果があります。
食品としては、蕎麦や春雨、玄米といったものが低GIの食品であるといわれています。

 

食後に軽い運動を取り入れる

一般的に食べ物を食べた後は運動は控えるべきといいますが、ちょっとした軽い運動ならしてもかまいませんし血糖値的にもいい影響を与えます。
運動をすることで、糖質をエネルギーにすることができますから、血中の血糖値を減らす役割が期待できます。

 

酢を一緒にとることも重要である

酢に関しても血糖値の急上昇を抑える働きもあれば、高血圧や血中脂質を低下させる働きもある野で、生活習慣病にも役立ちます。
ちょっとした食品のちょっと混ぜるだけでいいので、食べてみれば効果がある程度期待できると思います。

 

血糖値を抑えて、できる限り健康的に生活できるようにしてみましょう。