糖質制限で痩せるメカニズムと低糖質のおからを用いたレシピ

糖質制限ダイエットは今日において人気があり、大手のスポーツクラブでも推奨されています。糖質制限ダイエットとは
お菓子はもちろん、ご飯、パン、麺類、イモ類、果物といった糖質が多い食品を制限することです。そこで糖質制限をして脂肪を燃やす
回路を作り出すことによって痩せる具体的なメカニズムと糖質の含有量が少ないおからを用いたレシピを紹介します。

 

.糖質制限の原理

糖質が多い食品を摂取するとブドウ糖に変換され、そこでインシュリンが分泌されてエネルギー源となりますが、余ったエネルギーは
体脂肪として蓄積されます。そこで糖質を制限するとインシュリンの分泌も少なくなり、体脂肪の蓄積も抑えることができます。

 

糖質制限によって脂肪を燃やす回路を作り出す

糖質が少なくなると、エネルギー源の代用として脂肪やタンパク質が使われます。つまり糖質をエネルギー源とする回路から
脂肪やタンパク質をエネルギー源とする回路をつくることがポイントです。そのような回路をつくると、インシュリンの分泌が
抑制されるだけでなく、消費カロリーも増えるので一石二鳥の効果が期待できます。
脂質やタンパク質においては体内で作り出すことができない必須脂肪酸や必須アミノ酸があって、食事から摂取する必要があります。
一方、糖質は体内で作り出すことができ、それゆえに必須糖質は存在しないのです。
そこで糖質が不足すると脳の働きに影響を及ぼすのではないかと思われがちですが、実のところ糖質が不足すると脂肪分解によって
生じたケトン体をエネルギー源として使われます。そこで注意すべき点としては糖質を制限する分、筋肉の材料となるタンパク質と
脂質をそれなりに摂取することです。そうしないと栄養不足に陥って低血糖状態となります。そこで糖質を制限した分、タンパク質と脂質で
エネルギー源をカバーすれば糖質を制限しても低血糖状態になることはなく、筋肉量もキープできます。

 

低糖質のおからを用いた料理

そこで低糖質のレシピですが、まず小麦粉の代わりにおからを用いることです。おからは糖質含有量が少ないのでおすすめです。
小麦粉を使う料理であるお好み焼きやホットケーキに関してはおからを利用することによって糖質を大幅にカットできます。
また、おからを用いて自家製のパンを作ることもできます。また、ポテトサラダにおいては糖質含有量が多いジャガイモの
代わりにおからの使用をおすすめします。小麦粉とおからは糖質含有量において非常に大きな差があります。
おからを利用することで粉物を中心としたおいしい料理やパン食を楽しむことができます。

 

以上、糖質制限で痩せるメカニズムと低糖質のおからを用いたレシピを紹介しました。ご飯、パン類、麺類を食べることができなくても
代用食品を見つけるなどの工夫をすればそれなりの食生活を楽しむことができます。最初は糖質制限ダイエットはつらいかもしれませんが、
そのメカニズムをよく理解し、代用食品を利用したレシピを増やすことによってさほどストレスを感じなくなります。
ハードな運動を行う手間も省けるので、是非この糖質制限ダイエットを上手く利用したいものです。