気になる血糖値について 乗用する原因や危険性は?

近年では低GIといわれるように、血糖値というものは健康のために管理しないといけないといわれています。
ですが、この血糖値というのはそもそもどんなもので、どういった理由で上昇するのかや、上がりすぎると何がいけないのかなど
今更聞きにくいようなところもあったりしませんか?
そんなあなたに、今回は血糖値についての基礎知識を説明したいと思います。

 

血糖値とは

まず、血糖値というのはは血液中にどれくらいのブドウ糖があるのかというようなことを意味します。
ブドウ糖というのは体のエネルギー源として色々な部分で利用されているため、血液中には体中に栄養を送るためにブドウ糖が溶け込んでいます。
血液中に糖分が含まれているのは、体の活動の維持のために重要であるからです。
 この血糖値に関しては、近年ではできる限りコントロールすることが健康への鍵だといわれています。

 

血糖値の上昇する原因は

血糖値は、炭水化物や砂糖を摂取することによって上昇します。
糖質そのものを直接摂取していますので、上がるのは当然のことであり、特に白米や小麦などといった高GIの食物を摂取すると
血糖値というのは食後に上がりやすくなります。
食事面では、その他にもカフェインなどの摂取により、血糖値が上がるという報告もされています。
また、食事以外にも、ピルやステロイドといった薬の副作用で血糖値が上昇したり、風邪や睡眠不足などの体調不良時にも血糖値は上昇するといわれています。

 

血糖値が高くなると起きる危険は

実は血糖値というのは高すぎると、体に大きな影響を及ぼす危険性があります。
最も危険とされるものとしては糖尿病が挙げられます。糖尿病が発生しますとさまざまな合併症を起こす危険性が高まり、
体の先が壊死したり、心筋梗塞、高血圧、免疫力の低下などといった症状を引き起こしてしまう危険があります。
また、糖質が多いということは、党が脂肪分に代わりやすい環境でもありますので、肥満の原因にもなりますし、
糖分とタンパク質がくっついて老化を引き起こす原因となる「糖化」という現象も引き起こします。
体が老化をすれば、もちろんガンや血管に怒る疾患などのリスクが高まるのです。
糖質が高すぎると、色々な病気を引き起こす原因となりますので、糖分が多すぎることは危険なのです。

 

血糖というのは体には必要なものではありますが、高すぎても体に本当に悪いものです。
血糖値を上げ過ぎないで、健康的な体でいることを目指すことをお勧めします。