糖質制限ダイエット成功のポイントは脂質の摂取の仕方です

糖質制限ダイエットは、ご飯やパスタ、ラーメンなどの糖質が高い食事を控えるダイエット方法になります。
それ以外は特に厳しいルールはありませんが、だからと言ってカロリーの高いものを食べていてはダイエットになりません。
特に注意したいのが脂質の摂り方です。

 

脂質はダイエットの大敵?

脂質はカロリーの塊と言っても過言ではありません。
炭水化物は1g約4kcalですが、脂質は1gで約10kcalあります。
糖質制限ダイエットで炭水化物を抜いても、そのぶんカロリーの多い脂質を食べていては、逆に太ってしまう可能性があります。
糖質制限ダイエットを成功させるなら、脂質の摂り方にも気を配る必要があります。
ですが、脂質をすべてカットするのは危険です。
脂質には細胞膜を構成するという大切な働きがあるからです。
さらに、体温の維持や皮膚の保護、筋肉や血液をコントロールする役割もあります。
脂質が不足すると細胞膜が薄くなるので出血しやすくなり、最悪、脳出血を起こす可能性もあります。

 

摂取を控えたい飽和脂肪酸

脂質は大きく2つに分けることができます。
飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸です。
飽和脂肪酸は体のエネルギー源となる成分で、バターやラード、牛肉や豚肉に多く含まれています。
これらは体の中で固まりやすいという特徴があるので、中性脂肪やコレステロールの増加の要因になります。
普段の食事では、飽和脂肪酸は摂り過ぎてしまう傾向があるので、なるべく控えるよう注意しましょう。

 

ダイエットに最適な不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸も飽和脂肪酸と同じように、体のエネルギー源になる成分です。
さらに、血中の中性脂肪やコレステロールの量を整えるサポートもおこないます。
アレルギー症状の緩和や脳神経の発達を助ける効果もあるので、意識して摂っていきたい脂質です。
不飽和脂肪酸は魚や植物に多く含まれている油です。
オリーブオイル、えごま油、レバーや卵白、サバ、サンマ、マグロなどが不飽和脂肪酸を含んでいる食品です。

 

上手な不飽和脂肪酸の摂り方

体に良い効果のある不飽和脂肪酸ですが、カロリーが高いので摂り過ぎはNGです。
効果的に摂取するには、コツがあります。
全粒穀物や豆類、豆腐やミソ、魚などの自然食品から摂取するよう意識してみましょう。
オリーブオイルなどの加工油脂は手軽に摂取できるというメリットがありますが、酸化防止剤を含んでいる可能性があります。
栄養素の品質が落ちている可能性もあるので、製造方法をチェックして摂るようにしてみましょう。