糖質制限中でもラーメンやパスタが食べれる方法とは?

短期間に効果があり、たまった脂肪を燃焼させる糖質制限ダイエット。
糖質の少ないものならおなか一杯になるまで食べていいというメリットがあり、また効果が目に見えやすいため非常に人気があります。
しかし一方では、糖質の少ない食べ物を選ぶのはなかなか難しいものです。
たとえばレタスやセロリ、ピーマンなどは糖質が少ないと分かりやすいものですが、れんこんやトマト、ゴボウなど判断に困る食べ物も多いというのが本当のところ。
そんなときに安心して食べられるものの代表格が大豆です。日本人が古くからなじんでいた大豆は豊富なたんぱく質を含んでいるので糖質制限ダイエットにはぴったりの存在です。
また血中コレステロールを低下させ、食べても血糖値が急上昇することもないため、脂肪のつきにくい体を保つには最適です。
また食物繊維尾たっぷり含んでいるため、ダイエット中に陥りがちな便秘とも無縁。デトックス効果もあり体中をきれいにしてくれます。
また、イソフラボンなどもたっぷりで女性にはぴったりの食材といえるでしょう。
糖質制限ダイエットをやっていると、どうしても恋しくなるのが麺類。ガマンしたいけどどうしても耐えられないという経験をした人も少なくありません。
食べたい、でもやせたい。そんな人の救世主になるかもしれない存在が、大豆から作られた麺「ソイドル」です。
ソイドルは大豆100%で作られた麺。高たんぱくで低脂肪、高食物繊維という大豆の優れた能力はそのままに、旨みと栄養成分を残して冷凍めんに仕上げました。
使われる大豆は管理が行き届いた契約農場で栽培された大豆を100%使用しているので安心安全です。
そうして届いた大豆は丁寧に手作業で処理、麺の形に加工され、作り立てのおいしさをキープしながら旨みと栄養成分を残して冷凍麺として食卓まで届けられます。
どんなたれやソースにもからみやすい平麺タイプで、どんな食べ方にでも合う太さです。
「ソイドル」を生産しているマルサンアイは、お味噌を作る会社として創業された当時から大豆の研究を続け、豆乳の分野では「有機農産物加工食品製造業者」の認定を受けてトクホ食品を生産するなど、いわば大豆のスペシャリスト。
そんな大豆のすべてを知り尽くしたスペシャリストが作る「ソイドル」だけに、栄養成分はもちろん、そのうまさも保証済みです。

糖質制限中にどうしてもラーメンやパスタ、焼きそばが食べたくなったときには、ぜひ「ソイドル」を試してみてはいかがでしょう?

糖質制限ダイエットで食べられる食べ物とは?

ダイエットに高い効果があるとして人気の糖質制限ダイエット。
でも、意外な食べ物に糖質が多く含まれている事もあり、ダイエット中の食事には注意が必要です。

 

糖質制限ダイエットで食べても大丈夫な野菜とは?

糖質制限ダイエットの場合は、食べる野菜にも注意しなければいけません。
意外な野菜に糖質が多く含まれている、なんて事もあるからです。
糖質が少ない野菜の代表格が、もやしです。
炒めてもサラダにしても美味しく値段も安いもやしは、糖質0で糖質制限ダイエットに最適な野菜です。
その他には、葉物野菜も糖質が少ないとして知られています。
レタスやキャベツ、ほうれん草や白菜などの葉物野菜も糖質制限ダイエット向きです。

 

食べても大丈夫な果物とは?

糖質が多いイメージのある果物ですが、糖質制限ダイエット向きの果物も存在します。
糖質が少ない果物の代表格が、いちごです。
いちごは意外にも糖質が少な目で、ビタミンCも豊富に含まれているので美容とダイエットに効果的な果物なんです。
ただ近年は糖度が高めのいちごも販売されていて、そのようないちごは当然通常のいちごよりも糖質が多く含まれているので、糖質制限ダイエットを行う時は糖度が低めのいちごを選ぶ事をおすすめします。
いちごの他には、レモンも糖質が少なくて有名です。
レモンにもいちごと同じくビタミンCが豊富に含まれているので、美容にも有効な果物です。
甘みが多そうな桃も、意外にも糖質が少ない果物の一つです。
桃に含まれている食物繊維は便秘解消にも効果があるので、ダイエットだけでなく便秘改善にも期待が出来る果物です。
その他には、グレープフルーツも糖質が少ない果物です。
グレープフルーツの香りには脂肪燃焼効果があるので、糖質が少ないことも含めてダイエット向きのフルーツと言えます。

 

その他に食べられる食べ物とは?

糖質制限ダイエットでは、肉は普通に食べられます。
ダイエット中には食べてはいけないイメージのある肉ですが、糖質が少ないので糖質制限ダイエットでは食べても大丈夫です。
ただし肉は脂質も多く、食べ過ぎると太りやすくなってダイエットの意味もありません。
糖質制限ダイエット中は肉を食べるにしても適切な量だけを食べ、なるべく低脂質の鶏肉を選ぶなど自分でしっかりと食べる量を管理しましょう。
魚類はお刺身ならば糖質も少なく、糖質制限ダイエット向きです。
ただし、煮魚は調理の過程で砂糖が加えられることも多く、食べるのを控えた方が無難です。
その他にも、ちくわなどの魚を原材料とした加工品も糖質が高めです。
糖質制限ダイエットで魚を食べるなら、なるべくお刺身にしましょう。

 

糖質制限ダイエット中に外食やコンビニで食べてもOKなものとは?

糖質制限ダイエット中に食べても大丈夫なメニューの代表格は、サラダです。
サラダには糖質が少ないレタスなどの葉物野菜が多く使われているので、糖質制限ダイエット中に食べても安心です。
また、ステーキやハンバーグ類も食べて大丈夫なメニューです。
ただし、ステーキなどによく付け合わせされるジャガイモは糖質が多いので、注意してください。
焼き鳥も大丈夫なメニューです。特に塩で食べるとカロリーも少なく、ダイエットにも効果的です。
めん類などが入っていなければ、鍋も大丈夫です。すき焼き、キムチ鍋、寄せ鍋、水炊きなども普通に食べられます。
コンビニで食べられる商品では、サラダ類などは大丈夫です。
おでんは全ての具が大丈夫なわけではありません。
たまごや大根、しらたきや牛筋串などは糖質制限ダイエット中でも大丈夫な食べ物です。
ただ、おつゆは砂糖が含まれてる可能性があるので、なるべく飲むのを控えた方がいいですね。
あくまでも糖質制限なので、からあげは食べられます。
なので、コンビニのレジ横でよく売られているからあげなども食べて大丈夫な食品です。
糖質制限ダイエットは肉類は食べてもOKなので、よほど砂糖が多く含まれていなければ肉類のメニューを頼んでも大丈夫です。

糖質制限ダイエットを行うにあたって気を付けるポイントとは

糖質制限ダイエットで食べてはいけない食品と野菜とは?

糖質制限ダイエットは食事管理をするダイエットです。お菓子やパンなどは言われなくてもダイエット中に食べてはいけないモノとして誰でも知っている知識ですが、他には何があるでしょうか。
糖質を制限するのですから、ダイエットの一番の敵である炭水化物を減らすことがポイントです。ただ生きていくうえで全てカットしてしまうと逆に体調を崩したりしてしまうので、太らないように制限します。例えばご飯が好きでどうしてもやめられないのであれば、まずは量を減らしていきます。お代わりをしてしまうのであれば、それにかわるおかずを用意したり、玄米や雑穀米などで代用したりするのも良いでしょう。

 

まずアルコール類はどれも糖質がかなり高いので控えましょう。飲み物は出来ればお茶か水を飲みましょう。野菜ジュースも意外と糖質量が多く、このダイエットにはあまり向いてるとは言えません。ジュースやココアも糖質が高い飲み物です。豆乳も調整されているものは糖質が高めです。豆乳ジュースなどは普通のジュースと比べてもびっくりな炭水化物の量が入っているので、どうしても飲むなら無調整にしましょう。
肉類は加工食品やレバー部位は避けましょう。特にフランクフルトは糖質がかなり高いので、小腹が空いたからコンビニでつい・・とならないように注意です。
魚介類ではそこまで気になるような食品はありませんが、強いて言うなら貝類が多めです。特にほたて貝柱やかき、しじみ、あわびなどがありますが、そこまで量は食べられないので覚えておく程度で良いでしょう。
主食系ではご飯、パン、うどん、ラーメン、そばなどはこのダイエット中は出来る限り控えましょう。とくにうどんやパンは糖質非常に多く、腹持ちも悪いのでつい食べ過ぎてしまったり、おやつにつまんでしまったりしがちです。
そばやそうめんは一見ダイエットに向いてる食品と思われがちですが、糖質は高い食品なので控えましょう。
豆腐などをご飯の代わりとするダイエットもありますが、豆腐や豆類も白米と比べればマシですが糖質は入っています。食べ過ぎには気を付けましょう。
野菜はどうでしょうか。野菜は何を食べても良い気がしますが、糖質制限ダイエットではNGな野菜もあります。
にんにく、れんこん、そらまめ、かぼちゃ、たまねぎ、にんじんなどが主に糖質の多い野菜です。ごぼうは食物繊維が多く、ダイエットに向いてるイメージがありますが実は糖質が高めなので食べるときは少なめにしましょう。特にかぼちゃやタマネギなどは料理で使ってしまうと量も多くなりがちですので控えましょう。
イモ類はお腹が膨れやすいので選びたくなりますが、どれも糖質が高い食品です。特にサツマイモとジャガイモは控えましょう。山芋も糖質が高いので注意しましょう。
野菜とともに気を付けるものは果物です。フルーツダイエットと言うものもありますが、糖質制限ダイエットではNGの果物も多いので注意です。
まず一番ダメな果物は加工食品です。干しブドウやジャム、缶詰モノなどは糖質のかたまりだと思って間違いありません。
甘味の強い果物も基本的にNGです。バナナやマンゴー、ぶどう、柿などは特に注意しましょう。ダイエットフルーツと言われるグレープフルーツも糖質は入っているので食べ過ぎないようにしましょう。

 

 

一日の糖質摂取量について

糖質の一日における摂取目安量は、その人の体重×1グラム です。
例えば55キロの人であれば55グラムと言う事になります。この目安量をオーバーしないように気を付けて食事管理を行いましょう。
もちろん個人差はありますが、きちんと食事制限をすることによって糖質制限ダイエット効果は期待できます。
食事をするときはその食品にどのくらいの糖質が入っているかをチェックし、目安量を越えないようにするのがこのダイエットの基本と言えます。

糖質制限ダイエットは脂肪の原因となる糖の摂取を抑えるから痩せる

糖を摂り過ぎると、それが蓄積されてしまい、脂肪が増えてしまう原因となってしまいます。
脂肪が増えすぎてしまうと、肥満にも繋がります。

 

甘いものやアルコールだけではなく、炭水化物も糖に変わる食材です。
食事というと、どうしても炭水化物を中心に食べてしまいがちです。

 

しかしダイエットを行っていくためには、脂肪を減らしていくことが必要です。
そのためにも、糖質制限ダイエットを行う必要があります。

 

食べる順番を変える

お腹が空いている時はどうしても、最初に炭水化物の主食を食べたくなります。
しかし、急いで食事をしてしまうと、満腹中枢が働く前に食べ過ぎてしまうことになります。

 

どんな栄養を取ったとしても、ある程度の量が満たされないと満腹感は感じません。
ダイエットを行うためにはできるだけ、太りにくい食事の仕方をしていくことが必要です。

 

そのためにも、最初に野菜を食べるようにします。
野菜は食物繊維が豊富で、良く噛んで食べる必要があります。

 

時間をかけて野菜をたっぷりと食べることで、満腹中枢が働くようになります。

 

タンパク質のおかずを食べる

たんぱく質は太りやすいイメージがありますが、必要な筋肉を作っていくためには欠かせないものです。

 

たんぱく質はできるだけ低脂肪のものを選ぶようにすると良いでしょう。
油で調理したものも時には必要ですが、油分も太る原因になるので控えるようにしたいものです。

 

油を取る場合は、健康に良いゴマ油やオリーブオイル、亜麻仁油などがお勧めです。
また、味付けも塩分が濃くなりすぎないように気をつけたいものです。
スパイスや酸味などで塩分を控えたおかずを食べると良いでしょう。

 

食事の最後に主食の炭水化物を食べるようにします。
野菜とタンパク質のおかずである程度満腹感があるので、炭水化物の量を減らしても満足感のある食事をすることができます。

 

また、おかゆなどにすれば、量を増やすことができるので、茶碗1杯食べても低カロリーになります。
3食のうち1食だけをおかゆに変えても、炭水化物の摂取量を減らすことができます。

 

夕食を少なく、夜食は止める

ダイエットを成功させるためには、夜の食事に気をつけたいものです。
夕食後に活動が少ない場合は、多く食べてしまうと、エネルギーが余ってしまい、太る原因となってしまいます。

 

活動時間帯の朝食や昼食をしっかり食べ、夕食は軽めにすると良いでしょう。
夕食後4~5時間起きていると、お腹が空いてきます。

 

夜更かしをすると、お腹が空いてしまい、夜食を食べてしまうことになってしまいます。
ダイエット中は夜食を食べないようにしましょう。

 

夜食を食べないで済むように、夜更かしはせずに早めに就寝するようにします。
朝はお腹が空いて目が覚めるくらいの方が朝食は美味しく感じられるものです。

 

痩せやすい身体に変える

糖質制限ダイエットで糖分を控えた食事を続けることにより、脂肪が減ってきます。
しかし、健康なダイエットを行うためには、食事制限プラス運動も取り入れるようにしましょう。

 

適度な運動を行うことにより筋肉がついてきます。
筋肉が付いてくると、基礎代謝が上がり、脂肪を燃焼しやすくなります。

 

運動は有酸素運動がお勧めです。
手軽にできるウォーキングはもっともお薦めの運動法です。

 

肥満で膝に負担が大きい人はジョギングなどは止め、スイミングで水中ウォーキングがお勧めです。
水の中は膝への負担を軽減することができますし、運動量が多くなります。

 

糖質制限ダイエットと有酸素運動を組み合わせることによって、よりダイエット効果が高まります。

 

無理なダイエット方法は長続きしにくく、すぐに挫折してしまいます。

 

自分の生活に合ったダイエット方法で、長続きできるものを選ぶことが大切です。
そのためにも、無理なく続けられる糖質制限ダイエットと有酸素運動がお勧めです。

 

適度に息抜きポイントを作って長続きする糖質制限ダイエット

糖質制限ダイエットを行っている人が増えてきていますが、間違えた知識で食材を選んでしまうと効果が無くなってしまいます。糖質が少ない物や含まれていないものを中心に食べるのが糖質制限ダイエットだと再認識し、使える食材、使えない食材をはっきり認識した上でダイエットに取り組むのが成功のポイントになります。

 

正しい方法でダイエットすれば、1週間程で効果が出始めます。効果が出なかったり、停滞してしまう場合は食事の仕方が間違っていると思われます。糖質、タンパク質、脂質の摂取量と食事回数が正しければ効果が出るはずなので、このいずれかが間違えているのです。糖質は体重と同じグラム以内に収めます。50kgならば50g以内ということです。タンパク質は体重×1~1.5(g)以内に収めます。タンパク質は筋肉を維持する為に必要です。筋肉が減ると基礎代謝も減ってしまい、痩せにくく太りやすい体になり、リバウンドもしてしまいます。脂質もタンパク質と同量以内です。脂質は体調維持の為に必要です。食事回数は5、6回です。この場合の食事は間食やプロテインを飲むのも1食とカウントします。この回数は、血糖値を一定に保って脂肪増加を抑えるための回数です。空腹時間が長いと、人間の体は生命維持の為にエネルギーを最大限に摂取しようとします。それによって糖質も余計に吸収されて血糖値の急上昇に繋がってしまうのです。その際に気を付けなくてはいけないのは、回数は増やしても、摂取カロリーは変えないという所です。炭水化物は辛ければゼロにする必要はありませんが、半分程度に減らすようにはしましょう。そうするだけでも効果は出ます。

 

食材についてです。野菜は積極的に摂取してよいのですが、イモ類は何となく向いていないことが判る人も多いのですが、実は食物繊維が豊富だからと選んでしまいそうなごぼうは糖質が多めなので、少な目にしましょう。また肉には案外糖質は含まれていません。ずっと摂取していると中性脂肪やコレステロール値が気になるのでポイントで食べていきましょう。また砂糖が制限されて甘味を出せない場合は自然派甘味料のラカントを使うなど工夫するのもお勧めです。お酒は、日本酒、ワイン、ビール、カクテルは糖質を含むためNGですが、焼酎、ウイスキー、糖質ゼロビールはOKです。

 

ただ我慢だけだと途中で我慢できずに食べてしまったりストレスが溜まってしまうので、ラカントやお酒などで上手くガス抜きをしながら気楽に取り組むことが長続きさせるコツです。

更新履歴